タブレットエコーの診療報酬

タブレットエコーの診療報酬

タブレットエコーの診療報酬 高齢者たちの間で、近頃の評判の話題が、医療報酬に関するものです。例えばタブレットエコーの診療報酬が話題となることがあります。それだけ高齢者たちが、この検査を受ける機会が増えているということの証でもあります。病院でこの診療を受ければ、どのくらいの報酬を支払わなければならないのでしょうか。
結論から先に申し上げますと、検査を受ける病院によって変わってくるということです。しかしながら、医療診療報酬については、2020年に大幅な改定がありました。タブレットエコーやポータブルエコーを診療に使った場合には、医療報酬に1000点ほどが加算される仕組みとなっています。
ポータブルエコーやタブレットエコーを使って病院で診察する時には、別途1000点ほどの報酬得点が加算されるということで理解しておいて間違いのないところです。
また健康保険の対象とするかどうかは病院のドクターによって大きく変わっていきます。
ですから保険診療の対象として考えてくれるような親切な院長先生がいる病院がおすすめです。

タブレットエコーの保険点数について教えて下さい。

タブレットエコーの保険点数について教えて下さい。 タブレットエコーとは、超音波画像診断装置の携帯型の事を言います。メーカーによってはタブレットエコー以外に、ポータブルだったり携帯エコーやポケットエコー等と銘打ってある事もあります。有線型に存在したコードの存在の為に引っこ抜けてしまうだったり、事故等の時に検査に使いたくとも大きさの問題で傷病者を病院に搬送してからでないという問題が解決されているという面で大きいメリットがあります。実際の機能面でも、無線接続でこそありますが、備付型と全く遜色が無いハイクオリティ製品が多く、これからも需要は増えていく事が予想されます。
そんなタブレットエコーの保険点数ですが、超音波検査全般という事で調べていくと多くのデーターが発見出来ます。具体的には撮影方法と撮影部位によって差別化されており、Aモード撮影が150点で、心臓超音波検査を除く断層撮影法を訪問診療時に行った場合は400点に設定されています。後はこれ以外の状況だと胸腹部が530点設定というデーターも見つかります。

新着情報

◎2021/9/14

サイト公開しました

◎2021/5/31

サイト公開しました