タブレットエコーの周波数

タブレットエコーの周波数

タブレットエコーの周波数 医療機器の小型化が進み、超音波エコーもタブレットタイプが利用できるようになりました。
どこでも持ち運べるので便利ですが、性能は十分なんでしょうか。
せっかく使えたとしても確認したいものがよくわからないのでは意味がありません。
タブレットエコーの性能は主に解像度によって左右されます。

超音波エコーの解像度は、周波数によって決まります。
超音波は電波の一部で、その細かさが音波を超えていることから、そのように呼ばれています。
細かさとは一定の長さに入る波の数で決まるので、数が大きいほど細かな画像を見ることができます。
タブレットエコーの場合、低いものでは2MHz、高いものでは10MHzを超えるぐらいまでが選ぶことができます。
周波数が高くなると深いところまで見られないというデメリットもあるので、見るべき部位に合わせて適当なものを選ぶ必要があります。
選定のときには何が見えるのかと併せて帯域の値についても気にしましょう。

タブレットエコーの音速補正技術を活用してシャープな画像を実現

タブレットエコーの音速補正技術を活用してシャープな画像を実現 幅広い診療シーンで活用することが出来るとして人気が高くなっているのがタブレットエコーです。
従来の有線型の超音波機器と比較しても、軽量・小型のボディ仕様により単体でもスムーズに持ち運びすることが可能です。
このコンパクトさにより、検査室での利用はもちろん、入院病棟や院外の救急用途、在宅医療の現場でも活用することが出来るメリットを持っています。
コンパクトさが魅力のタブレットエコーですが、音速補正技術が搭載されていることで膨大な素子データに対して音速補正処理を行い、受診フォーカスを絞った#な画像を実現することが可能となっています。
他にも画像処理MPUプロセッサーが搭載されることで、ノイズを軽減して組織描写力に優れた高画質な画像が得ることができますし、スペックルリダクション機能は、スペックルを養成し組織の境界や性状を明確にすることが可能です。
こういったハイスペックな機能性がコンパクトなタブレットエコーに内蔵されることで、在宅医療の現場でも常に正確な症状を把握することが出来るとして注目されています。

新着情報

◎2021/9/14

サイト公開しました

◎2021/5/31

サイト公開しました